嘘のような本当の話。

にこ,稜魴貮村N泥廛蹈肇魁璽襪僚わりくらいから書き始めたこのブログ。

まさか、このブログに、また別の『癌』のことを書くことになろうとは。

主人が直腸ガン。
目の前が真っ暗になりました。

本日、手術でした。

症状があったので、一度内視鏡検査を受けよう・・・としたところ、腸閉塞を起こし、先週土曜日から緊急入院していました。

あ、4月7日、双子は無事、中学に入学しましたが、5日後には、家庭環境が変わってしまったので、慣れない通学や学校生活など、あらゆる不安にしばし情緒不安定です。

にこ,凌搬里里海箸眇看曚世掘⇒莉桔には予約している側わん外来もあるし、主人の予後も心配です。

こんなことになって、あらためて、精神的にも経済的にも完全に主人を頼りに生きている自分を痛感しています。
まだまだ若く、人生は長いと思っているので、こんなこと考えたこともありませんでしたが、結婚してはじめて、”いつかは死に別れる日もくるのだ”。。。という当たり前のことを実感しました。
でもそんな日は、まだまだ先であることを願って・・・

何だかよくないことが続いてますが、きっとまた良い日もありますように。
毎日、感謝の気持ちをもって、祈っています。

nico2001 * 病気関係 * 23:50 * comments(5) * - * - -

切ない春

 2つ前の記事は、心配をかけてしまうようなつぶやきでした。
実際に心配コメントを残してくださる方もいて、申し訳ありません。
しかし、あの時は、(いや、今もかも。。。)久々にめげそうになっていました。
全ては、定期外来の際、私がかねてより気になっていた、にこ,凌搬里里海箸髻何気なく主治医に相談したことから始まったのですが。。。。
長くなりそうなので、続きのページで。
続きを読む >>
nico2001 * 病気関係 * 01:20 * comments(5) * - * - -

卒業

4月。
新年度がスタートです。

一週間後には中学生になる双子たち。
新しい世界に不安と期待を抱きつつ、夢いっぱいで、残りの春休みを過ごすはずでしたが。。。いや、実際に夢はいっぱいで、変わらない生活を送ってはいるのですが。。。
思わぬリスクを抱えることになってしまいました。

でも、まずは、無事小学校卒業のご報告から。


3月20日。
小学校を卒業しました!

入学当初は、な〜んにもない学校・・・というか、下手したら、幼稚園以下?という教育内容&環境にがっかりしていたのですが、校長先生が代わって少しずつ学校が変わり始め、子ども達も担任や友達に恵まれ、私自身も、縁あって務めた役員等の経験を通じて学校が身近なものとなり、親子共々、楽しく充実した6年間を過ごさせていただくことができました。
本当にいろんな子、保護者、先生がいて、楽しかったですよ。

身体的には同じペースで成長してきた双子でしたが、4年生後半くらいから、にこ,諒が一歩先ゆく形で背も高く・・・。しかし、ここ最近、息子がぐんぐん大きくなってきて、娘を越してきました!今、155センチくらいです。体重は40キロなくて、とても細いですが・・・

卒業文集から。
12歳のにこ,量瓦蓮◆憤擇貘燭も)小児科医か支援学校の先生だそう。
”困り”を抱えた人のために働きたいというのが共通点としてあるようです。
にこ△蓮⊃Χ箸箸靴討量瓦呂泙世覆い韻鼻△海鵑平祐屬砲覆蠅燭い箸いμ瓦あるそうで、 将来、文集を読み返した時、”今の自分にそっくりやん”と言えるようにがんばりたいと書いてありました。

元気に6年間を過ごすことが出来、小学校卒業を機に、もう、ブログへの成長記録も卒業しようかな〜と考えていたのですが・・・もうちょっと続けます。
と言っても、更新は不定期ですm(_ _)m
nico2001 * 双子・双子育児 * 23:12 * comments(0) * - * - -

どうして

あー
なんで にこ,个りなんだろう…
本日の外来にて。
血液関係ではないけれど。
nico2001 * - * 22:54 * comments(3) * - * - -

ミニ発表会


お友達の演奏を聴き合う会を開きました。
少人数なので、自宅にてこじんまりと。
年長さんから中1さんまで、ご参加いただきました。
ピアノソロに加え、希望者は、バイオリン(娘)とのアンサンブルや、私と連弾をしましたが、参加者6名のため、あっという間に終わってしまいました(笑)
緊張していたのは、演奏する子ども達より、見守る保護者の方々だったような・・・。
わかります。私も、一保護者なので。。。子ども達の発表会ではもう。。。
皆さん、それぞれに楽しんでいただけたようでよかったです。
バイオリンでお手伝いの娘が、『楽しかった楽しかった。またやってよ!』と言ってくれるのも嬉しいことでした。
nico2001 * 日々の出来事あれこれ * 00:03 * comments(0) * - * - -

3人旅

 
 

先日の卒業遠足で、すっかり自信をつけたにこ△蓮∩畭、『次は、一人旅に出る!』と、自分なりのプランをノートにまとめていたのですが、まずは、一人旅ではなく、クラスメイト3人で小さな旅に出ることになったのだそう。

朝9時の待ち合わせから、市内の一日乗車券を買い、決めていた場所を巡り、夕方帰宅するまで、すべて子ども達だけで行ってきました! すごいなぁ〜。
お金も、私は1000円しか渡してません。あとは、自分のおこずかいから何とかしたのでしょう。

途中、「今、二条城。」とか、「今、弁当食った。」とか、いちいちメールしてくるあたり、まだ可愛いですね。

これから先、自分で車を運転したり、もっと便利な交通手段を使って色んなところを旅する機会もあるだろうけど、3人とも、(市バスと地下鉄しか使えない)一日乗車券だけを使って旅した今日のこの日のことは、きっと忘れないだろうなー。

何故か、私はお弁当係に任命されていたので、3人分作りました
20140308










楽しい一日だったようです。
nico2001 * 双子・双子育児 * 00:46 * comments(2) * - * - -

新車

 インフルにこ,飽き続き、私まで体調を崩し、久しぶりに寝込んでいました。
毎年、おひなまつりの頃は、気力体力ともに低迷期なんですが・・・
今年は、気持ちがすごく落ち込んでいて、どよよーんとした毎日です。
こんなことは久しぶりです。
あまり無理をせず、ゆっくり春をむかえることにします。



20140305








車を買い替えました!
何と、前の車は15年も乗ったのですよ。
しかし、アジア方面で人気の車種なので、下取りが30万もついたという。すごいでしょ。
双子達は、生まれた時から乗っていた車だったので、愛着たっぷりで、別れを惜しんでいました。
新しい車は、とてもカッコイイです。
しかし、カッコよすぎて、私は見るたびに熱が上がりそうになります。(笑)
早く慣れたいものです。
nico2001 * 日々の出来事あれこれ * 12:40 * comments(2) * - * - -

卒業遠足

一日一日、卒業の日に近づいています。

今日は、6年生の卒業遠足。
遠足といっても、バスに乗って、全員でどこかに行くのではなく、クラスの中の班ごとに分かれ、市のバスや地下鉄の一日乗車券を使って、班ごとに決めた、市内にある神社・仏閣を巡っていくというものです。 移動は子ども達だけで、先生方は、各スポットにいます。 お昼ごはんだけは、〇時〜〇時の間にココに集合し、食べるように!ということらしいです。
なかなかダイナミックな企画だなぁ〜と思うのですが、毎年なんとかなるようです。
交通の便が悪く、普段は車での移動が主な地域でもあるし、バスや電車も子どもだけで乗る機会はあまりない小学生たち、どこまでがんばれるでしょうか。
にこ△蓮◆紐擇靴澆笋韻鼻△舛腓辰班坩造笋覆◆繊匹噺世辰討泙靴拭
話を聞くのが楽しみです☆


小学校のみんなとお弁当を一緒に食べるのもこれが最後かな。
地味〜な男子弁当なので、ちょっとキラキラさせてみました。
好物の、鶏つくね弁当。
”つくね いっぱい入れて! 入らんかったらご飯の上にも乗せといて”というので、こんな感じに。 寒いので、これ+あったかいみそ汁を持って行きました。

双子なのに、お弁当が一つなのは何故?

にこ,蓮▲ぅ鵐侫襯┘鵐僑揃燭殆蹐辰討靴泙辰燭里任后
残り少ない学校生活をお休みするのはもったいないですが、仕方ないですね。

今日、ピアノお稽古に来る予定だった1年生ちゃんは、この前B型に罹ったところなのに、今度はA型に罹ったのだと連絡がありました。 かわいそうすぎます
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:50 * comments(2) * - * - -

入試の記録

 もう一ヶ月前のことなのですねぇ。

一ヶ月前の今頃は、一日目の試験を終え、ちょっとほっこりしている頃でしょうか。

にこ,蓮⇒眛にはもう結果が出たので、結局出願していた併願校は受験せず、あっという間に終わってしまったんです。 『2年間の努力が4時間で終わってもた〜』と言ってましたが、本番ってそんなもんですよね。 発表会でも、スポーツの試合でも、その一瞬のために、何日も何年も努力を重ねるわけですからね。
色々な学校を見学に行きましたが、通える範囲では、第一志望校の学校しか行きたくない!と言っていたにこ,世辰燭里如結果が出て本当に安心しました。

にこ△蓮■横影まですべての結果はわからないので、第一志望校の前期後期、併願校、と3日間受け続けたのですが、双子の片方が結果出ている中、モチベーションを保ち続けるのは大変だったと思います。 それは私達もです。緊張感って、そう何日も持ち続けられるものではないですしねぇ・・・。 にこ△蓮△匹舛蕕粒惺擦坊茲泙辰討發いいなと思っていたのですが、やはり本人は、第一志望への思いがあったようです。

振り返ると色々なことがありました。
細かいことは、心の中にしまっておきますが、精神的に一番しんどかったのは、6年秋です。 色んなことが噛み合わず、うまくいかず、、、。 旦那さんの、『それもこれも含めての受験。』という言葉で救われましたが。。。
そういった谷があったからか、入試前は、自分でも驚くほど、穏やかな気持ちでした。
最後まで努力を重ね続けられた子ども達に対する敬意をもって、入試当日は、清々しい気持ちで送り出すことができました。

男の子のラストスパートはすごいですね。
受験するのかどうかも決めておらず、何となく塾に行き始めたにこ△任靴燭、最後はもう、私が車で送迎出来ない日でも、バスなど、自分の足で自習室に向かい、苦手な問題を自分で洗いだし、何度も解き直したり、わからない問題は、積極的に先生やチューターの先生に質問していました。別人のように頑張っている姿に、”あぁ、この子は、本当に合格したいんだなぁ・・・”って思いました。
にこ,蓮⊇始マイペース。 成績に関しても大きな飛躍はありませんでしたが、最初から最後まで、迷うことなく、コツコツと努力していました。

にこ△、一日目の試験を終えた日、『こんないい経験をさせてくれてありがとう』って言ってくれたんです。興奮から出た、その時だけの気持ちかもしれないけど、「合格」という結果の前に、受験を通じて、また一つよき育ちをしてくれたことを嬉しく思いました(*´∇`*)

・・・・・・。

過ぎてしまえば、”終わった〜” というより、今は、ここからスタートという気持ちです。
それは、次のステージに向けてどうこう・・・というのではなく、いよいよ中学生になるので、そろそろ親も立ち位置を変えて、子どもが、自分の選んだ環境の中、自分自身で歩んでいく時期かな〜と思うからです。 
双子ゆえ、入園も、小学校入学も一緒で、クラスは違ってもいつも同じ場所にいた2人。
はじめての別々の道です。 そういった意味では、他の子ども達より経験値が低いので、スタートを心配している過保護母です
しかし、心配しても仕方ないので、見守るしかないですね。

今は、残りの小学校生活を存分に楽しんで欲しいと思います
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:40 * comments(0) * - * - -

入試の記録◆ 

思い出の品々です。

 20140211

















じゃ〜〜〜〜〜〜ん!!!

これ、2年間の通塾で、2人が使ったノートの山です。
一冊があっという間になくなるので、ノートのストックはかかせませんでした。

入試を終え、大量のプリント類やテストは処分しましたが、(購入金額を考えると)簡単に処分しがたいテキストと、自分達の手で使い込んできたこの思い出のノートの山は、まだ捨てられません。




20140211










え? お弁当に うどん??

うちの双子の第一志望校は、4科目受験だったので、お弁当持参でした。
お弁当なんて持って行っても、緊張であまり食べられないかも・・・ならば、おにぎりにでもしようか・・・でも冷たいおにぎりってのもなぁ・・・と色々と考えた末、伝説のうどん弁当に!

伝説?

入試も近づいたある日。 塾の自習室へと勉強に出かけた双子達が、食事時間にこのうどん弁当を開けました。すると一気に、教室が食堂の香りに!!
「どうしてココで、しないはずの匂いが??!」・・・と不思議がった塾生たちがざわめきだし、いろんな子が双子のお弁当を見にきたらしい。

保温ポットにあったかいダシを入れ、別容器には、ゆがいたうどんとネギ&かまぼこ。
食べる時に、うどんをポットに入れると、あったかくておいしいらしい。消化もいいしね☆
それに何より、試験会場を食堂の匂いに変えて、他の受験生を威嚇!!!!
いや、威嚇は出来ないか。。。




20140211










地域によっては、クラスの半分近くが受験します、とか、5〜6人は受験します、というところもあるようですが、うちの小学校では、学年に数人というところです。
しかも、ちょっとばかり一般的な小学生の生活を犠牲にしないといけないような受験向きの進学塾に通って対策をしている・・・というのは、うちの双子とあと1人、2人くらいでした。 別に悪いことをしているわけではないのに、特別なことをしているように思われるのも嫌で、親子共々こっそり、ひっそりと準備を進めてはきたけれど、子ども同士のお付き合いの中で、受験することはおのずと知れ渡っていきました。
でも、本当にありがたかったのは、双子の周りのお友達がみんないい子だったってことです。
塾のお友達の中には、高学年の微妙に不安定なお年頃ゆえ、人間関係のトラブルに巻き込まれ、学業に支障が出たり、意地悪な子にみんなの前で大声で志望校をバラされたり、何かと困っている子もいたようです。
にこ,癲■暁生になってからは、放課後も休日もほとんど友達と遊んだりできなかったのですが、みんな応援してくれて、誰も仲間外れや意地悪なんてしません。
終わった今は、2人とも、待ってくれていた友達と、毎日楽しく過ごしています。
お守りや、<合格>にちなんだ、五角のケシゴムは、お友達からいただきました。クリップ止めのサクラのメッセージカードは、にこ△涼看い寮萓犬侶廚蕕い如▲ラスメイト達が書いてくれた応援メッセージです。 試験当日もカバンに忍ばせていきました。




20140211













これは、思い出の品物ではなく、場所ですね。
我が家の氏神さんが祀られている近くの神社です。
高校や大学受験とは少し違い、中学受験では学習面でも親の関わりが多いですが、(あ、優秀な方々は、そうでもないようですが)最後の最後、親がしてやれることは、祈ることと健康管理ぐらいです。
思い立ったある日から、私は、この神社へお百度参りをしました。
そう。 100回通い、100回同じことを念じたのです。
ヒマなんじゃないですよ(笑)
私は、会社勤めをしているわけでもないので、すべてのことを自分のペースで出来るわけです。
ですが、子ども達は、しんどい時も、ちょっとサボりたい時も、小さい身体でそんな気持ちに打ち勝って頑張ってるんだと思うとね・・・ 雨の日も、風の日も、続けることで、子ども達の気持ちに近づきたかったです。
しかし、通っているとき、ママ友に目撃されたりもしたのですが、私が早歩きで歩いていると、皆、ダイエット目的だとしか思っていないという・・・(;´▽`A``




20140211










思い出の塾カバン。 
どこの塾だかわかっちゃいますね
受験会場では、全然知らない子でも、同じバッグを背負っている子を見ると、『みんな、同じテキストで勉強して、同じテスト受けて、同じように頑張ってきたんやなぁ〜。みんなで合格しよな〜☆』 と、同志の気持ちになりましたよ。
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:10 * comments(0) * - * - -
このページの先頭へ