スヴェン −ぼく、もやもや病なの−



もやもや病という病気を知っていますか?

私がわかるのは、脳の病気だということだけで、詳しいことは何もわかりません。

今日、外来に行ったら、小児科の向かいにある脳神経外科の受付に、この絵本が飾ってありました。

出来るだけ多くの人に手にとってもらいたい・・・と書いてあったので、こちらでも紹介させていただくことにしました。

にこ,慮〆嵯覯未出るのを待ってる間、読んであげました。
元々、病気ものには興味が深いので、内容をよく覚えていて、帰ってから、にこ△忘戮く話していました。

絵本の主人公は、もやもや病に冒された5歳の男の子。
男の子の、病気の症状、発見から手術を受け、回復するまでのお話です。
どちらかというと、この病気に冒されてしまった子どもや、家族、周囲の人に対して病気のことをわかりやすく説明するような内容です。
ですが、健康な人にも、こんな病気もあるんだという認識を広めるという意味では有意義だと思います。
nico2001 * 絵本・本 * 22:55 * comments(8) * - * - -

海 



親が揃って海が好きなので、
子どもたちもまた海が好きで・・・・

幼児から海に親しめそうな、「海」の絵本図鑑を見つけたので、早速図書館で借りてみたところ、にこ◆⊃いつく食いつく。

季節の絵本ということで、自宅用にも買いました。

本の最後の方に、
『うみを しらべて いつのまにか ちきゅうを ぐるりと まわって しまいました。 そうです、うみを しらべることは ちきゅうを しらべることなんですね。』とあるように、
「海」と一言で言っても、その世界は広く大きいものですね。

絵本図鑑なので、全体的にやわらかくて、実際の生き物や海の様子の写真が載った図鑑とはまた違った味わいがあります。
でもとても精密に描かれています。
子どもにわかりやすく親しみやすく、それでいて世界を広げてくれるようないい絵本だなと思いました。
海水浴に行く日が近いので、毎日ひろげてみていますよ〜。

加古里子さんが描いた絵本図鑑には、これと同じような感じで↓↓↓のようなのもあるようです。
「宇宙」は私もちょっと興味あるなぁ〜。
近くの図書館には置いてないようなのですが、いつか手にとってみたいなと思ってます。

 
nico2001 * 絵本・本 * 21:59 * comments(0) * - * - -

最近のお気に入り



図書館で借りた落語絵本です。
うちの子、特ににこ△虜、最もお気に入りで、毎晩読むようせがまれています。
あまりにも気に入ったのか、お話の中に出てくる、死神を消す呪文をよく唱えています。
nico2001 * 絵本・本 * 11:26 * comments(0) * - * - -

お誕生日、お祝い絵本

双子たち、6歳になりました゚・*:.。. .。.:*・゜Happy★Birthdyヽ((◎´∀`◎))ノ゚・

まだ6年だからか・・・まだまだ鮮明に出産の日のことを覚えています。
母親なら、何年経っても覚えているものなのかな?
無事、元気にお誕生日を迎えられて嬉しいです。

お誕生日のお祝いに、絵本をいくつか選びました。



前に図書館で借りたところ、双子たち、とても気に入り何度も読んで〜と頼まれました。
子どもって、魔女好きじゃないですか?
内容も面白いし、最後の締めのフレーズが素敵。



今回選択した中で、これが子ども達に一番のヒット。
私は最初読んだ時、「何、これ?」と思ったのですが、何度も読んでいると、この本を前にした時、大人と子どもの頭の中は全然違うんだろうなぁ〜と感じずにはいられません。
問いかけるような内容が続く中で、子どもは一つ一つの場面を瞬時に想像してくすくすっと笑ったり、色々な反応がある無邪気さが羨ましくもあります。
選択肢が2つ以上あるというのも、子どもにはとてもいいと思います。



前に絵本友達が、サークルの時に読んでくれた絵本。
その時、すごくいい絵本だなぁと思い、実は私が欲しかった!
幼稚園児には「?」かもしれないけど、こういう絵本は繰り返し読み続けることで、知らないうちに何かが伝わっているはず。(と、信じたい)
子どもが何か新しいことを始める時や、不安な時に聞かせてあげるのもよいかもと思います。最後のフレーズの、「あなた」という二人称を、子どもの名前に変えてあげて・・。

6歳の一年も、健康で楽しく過ごせますように。
nico2001 * 絵本・本 * 23:16 * comments(10) * - * - -

本屋さん

子どもと本屋に行くと、誘拐されたらいけないので、絵本コーナーに張り付く子どもと一緒に私も子供向けコーナーにべったり。
なので、私は色んな本を見ることは出来ずです。
幼稚園が始まったら、一度ゆっくり書店を訪れようと思っていました。
双子が生まれてからは、専らネット書店を愛用しているのですが、中味をチェックしたいものもいくつかあって・・・
居座ること2時間。
買いたい本が決まったので、インターネットで注文しましょう!
全部が全部じゃないんですけど、書店に並ぶ本、特に絵本は色んな子どもが手にとって立ち読みしたりして、新品なのに新品じゃないような気がするんですよね。
この話を主人にすると、「病気だね」って言われましたけど。
別に潔癖症じゃないですよ。
雑誌などは、書店やスーパーでも買いますし。
ただ、新品を買うなら『まっさら』がいいというわけです。
ネット書店を利用し始めたきっかけは、『双子を連れて本屋に行けない』というものだったのですが、すっかりこちらで買う癖がついてしまいました。


一番よく利用するのは、amazonです。


配送がヤマト運輸なので、我が家には好都合です。
配送時間が大体いつも一緒なので、段取りがよくって。




一度利用したことがあるんですけど、近くのセブンイレブンで受け取れます。買い物ついでなど、自分の好きな時に受け取りが出来て、、、こういう便利さっていいなぁと感動しました。
nico2001 * 絵本・本 * 13:49 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

クリスマス絵本


今年は、この絵本を選びました。

森のはずれに育った小さなもみの木が、毎年、足の悪い男の子の元へと運ばれました。
しかし、ある年のクリスマスは、いつももみの木を運ぶ男の人が現れませんでした・・・・

もみの木と男の子の出会いと心のふれあいを静かに、美しく描かれた一冊です。


よるくま好きなので、これにしようかな?とも思いました。

 

絵本友達のおすすめクリスマス絵本です。

  
nico2001 * 絵本・本 * 00:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ぐりとぐらとすみれちゃん

またまた絵本のお話ですが・・・

先日、図書館で借りてきた本、ぼくらのなまえはぐりとぐら

ロングセラーであり、現在も皆に親しまれている「ぐりとぐら」シリーズの色んなエピソードがつまっています。
物語にちなんだお料理レシピや折り紙、手芸などものっていてなかなか面白かったです。
この本を読んで、ぐりぐらシリーズを読むとさらに親しみが。

そして、今回初めて知ったのですが、ぐりとぐらとすみれちゃんという絵本のすみれちゃんは、実在した女の子がモデルなんですってね。
すみれちゃんは、4歳の時、脳腫瘍のため天使になってしまったのですが、闘病生活の最期の方で、もう食事もとれない状態になっても、ぐりぐら絵本の中のカステラやお弁当をみては、食べる真似をしていたそうです。
作者とお母さんの文通の末、誕生した絵本らしのですが、そんなお話を知ると何だかしみじみ・・・感慨深いものがありました。

 
nico2001 * 絵本・本 * 09:43 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

幼稚園で読み聞かせ

幼稚園で入っている絵本サークル。
月2〜3回ほど集まって、ワイワイおしゃべりしながら楽しんでます。

ここ最近は、年長児さんに貸し出す絵本のブッカー(本の表紙に透明のフィルムをかける作業)や、貸し出し用の栞作りのお手伝い、サークル誌の発行などの活動をしていたのですが、先週からあらたに、延長保育の子どもを対象に、読み聞かせの場をもたせてもらえることになり、交代で始めました。

私は、昨日がデビューだったんですけど、自分の子供以外に読み聞かせをするのは初めてだったので、ちょっとドキドキしましたが、読み始めると気持ちよかった(?)です。
こうしてはまっていくのかな?
次はどんな絵本にしようかな?と、また楽しみが1つ増えました。

今日の子ども達は、とーーーってもお利口さんに静かに聞いてくれたんだけど、もうちょっと反応(&つっこみ)があっても面白くていいな。
でもそれは、読み手(私)の力量もあるのかもしれない。
今日はまず、はじめの一歩ということで。

うちの子供もそばで聞いているので、お母さんが楽しみながら頑張ってる姿を見せてあげられるいい機会でもあるなと思いました。

それにしても、またまた久しぶりの更新です。
なんやかんやちょこちょこと用があるのと、こたつの部屋ではインターネット出来ないのと、主人の勤務地が変わって帰宅時間のペースがつかめない・・・・などで、書きたいなと思うことは色々あるのになかなかじっくりPCに向って文章を書くゆとりがありません。
なので、昨夜、寝る前に、布団の中でいくつか下書きしておきました。
また少しずつUPしていきまーす。
nico2001 * 絵本・本 * 10:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

かわいい絵本

あっちゃん あがつく【おすすめ絵本】

先日、絵本サークルの人に教えてもらったんですけど、これ、絵があまりにもかわいくて、面白くて、私が欲しいくらいなので、近々購入予定です。

リズムのいい言葉あそびのような文と、いちいちつっこみいれたくなるような絵がなんともいえません。
ひらがなに興味持ち始めたkidsにもおすすめ。

この本を教えてくれた人のお子さんも、定期的に病院に通っている子供らしいのですが、「病院の待ち時間にもいいよー」と言ってました。
nico2001 * 絵本・本 * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

先週のこと

春から、地域にある図書館の館長さんが替わられました。

新任の館長さんが、とても熱い方で、自ら感じておられる『この地域の読書環境・レベルの低さ』を改善すべく、色々と新しい試みをされているようです。

そんな中、まず、地域にある、幼稚園・小学校の読書環境を見直していこうということで、双子の通う幼稚園の園長も、館長と深く共感。

双子の園は、マンモス園ということもあってか、行事をこなすのに精一杯という感じで、これまでは、読み聞かせや絵本には、あまり関心がないような状態だったそうですが、まず、はじめの一歩ということで、先週あった参観の後に、図書館館長さんのお話と、職員の方による、保護者対象の読み聞かせの場がもたれました。
とても急な話でしたので、私達、絵本サークルも、ちょこちょこっとお手伝いさせてもらいました。

普段、私達大人は、子供に絵本を読んであげることはあっても、読んでもらうことは、まずありません。
なので、その日は、大きなスクリーンに映された絵本の字を追わず絵を見て、お話を聞くという機会・・・子供が、絵本を読んでもらっているような気持ちになってもらうというのが狙いでした。

突然の試みに、色んな感じ方があったようですが、きっかけ作りになった方もおられるようです。

子供と一緒に絵本を囲めるのも、限られた期間だけですもんね。
親子で楽しめればいいなぁと思います。
nico2001 * 絵本・本 * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ