<< 3日坊主ならぬ・・・ | main | 実験あそび >>

漢検




秋晴れの日曜日。

にこツインズ、漢字検定を受けてきました。

英検、漢検、数検、ネット上でお見かけするのは、先取り学習をしておられる優秀なお子達の経過のような気がするけど、小学2年生の我が子が受けたのは、1年生の学習範囲が出題される10級です。(恥)



何故、受検することになったかというと、にこツインズの小学校は、運動会も6月に終わり、秋は学習発表会のようなイベントもなければ、冬はマラソン大会もないという、さみしい環境。
プライベートでも、秋はピアノの小さな弾き合い会があるくらいなので、漢字検定でも申し込んどこ、と私が勝手に申し込みました。

当初、子どもたちからは大ブーイング。

「漢字検定って何〜?」
「なんでそんなん受けなあかんのー?」

しかも個人受検のため、会場が某大学と知って
「えぇ、大学〜? こわいー。 緊張する〜。」
「先生は怖いの〜?」
などなど、不満続出。

そんな中、行ってきたのですが。

にこ △△譴曚俵欧譴討い拭愨膤悄戮箸い場所をたいそう気に入って、
「うわ〜、大学ってすてきー。早く大学生になりたい〜。
ここで友達とお茶とか飲んでー。。。」とすごく夢を膨らませていた。

同じ会場で10級を受けたのは、30人足らずで、皆同じようなお年頃だったのだけど、子どもがこういうのを受けるのが初めてという方も多いのか、どのお母さんも、試験前に子どもを席まで送って行っては、「○○ちゃん、最低2回は見直すのよ!」「鉛筆は出した?」などなど、必死に声掛けしている姿がなんとも滑稽というか・・・(笑)
いやいや、私もその中の一人かもしれませんが。

10級を受けた中に、大人の方も二人くらいいて、一人は外人さんでした。
日本語を勉強する中での励みにしているのかなーと思いました。
いくつになっても、いろんな形の勉強があるってこと、子どもたちが知るよい機会だなぁと思って、そんな話を子どもたちにしたら、にこ ◆屬修鵑覆海斑里辰討襦 戦争とかで学校行けへんかった人とかも大人になってから勉強してるんやろ」と、えらい強気で話してました。

2年生で10級の内容は、落ちたらマズイやろって感じのレベルなので、よほどのことがなければ大丈夫だと思いますが、会場の雰囲気とか、違った意味でもよい経験となりました。

もちろん漢字学習も、ゆとり教育大満喫中の小学校だけでは心配な面も多々あり、家庭でのフォローが必要となっているのですが、、、
来年の秋冬もヒマだったら受けてみようと思っています。
nico2001 * モブログ * 22:20 * comments(6) * - * - -

コメント

漢検受けに行ったんですね♪
小学校低学年でも受験会場は大学なんですね!びっくり。全然漢検について知らないもので^^;
すごく貴重な体験ができましたね〜。
しかしにこ,舛磴鵑梁膺佑咾討い襪海箱女の子って面白いですよね〜。
将来にこ,舛磴鵑素敵なお姉さんになって大学構内を歩いている姿を想像しました。実現するといいね♪
Comment by 空豆ママ @ 2009/11/09 8:27 PM
こんにちは!
漢検、受験お疲れ様でした〜♪
小さい子供の受験って、大人にとっては当たり前のことも当たり前ではないことが多くて、色々と配慮が必要なので、心配になってしまう親御さんたちが多いのも分かります。初めての試験だとなおさらでしょうね。
緊張感を持って集中して臨むという場面が日常生活の中では中々ないので、良い経験になったのではないでしょうか。

うふふ、にこ,舛磴鵝可愛いですねえ。女の子らしい、素敵な夢ですね。
大学は楽しいところですものね。私も大学生に戻りた〜い! あ、勉強(特に英語)はあまりしたくないかも?!だけど(笑)
にこ△んの方は反応はどうだったのでしょう〜〜♪
Comment by りみ @ 2009/11/10 11:52 AM
漢字検定10級自体は、わざわざ個人で受検する価値あるものだったかは「?」ですが、会場の雰囲気とか、いい経験になったような気がします。
Comment by にこ→空豆ママさん @ 2009/11/10 10:51 PM
非日常的な経験ができてよかったと思います。
子どもにとったら大学のキャンパスって、いつもの小学校とは比べ物にならないくらい大きくてかっこよくて憧れますよね。
息子の方は、そういう「憧れ」的な感想はなかったけど、大の野球好きなので、会場だった大学の付属高校が野球強いので、その高校はどこにあるんだ?とそればかり聞いていました。
とはいいながら、「付属高校」の意味もよくわかっていないようなのですが。。。
Comment by にこ→りみさん @ 2009/11/10 10:57 PM
漢検、受けたんですね〜♪
暫く前 私も子供達に受けさせる事 考えていました。
(今だ実行に至らず)

新しい事に前向きで挑戦好きの娘の反応は良かったのですが、息子は興味なし…。
漢検に向けた勉強0じゃ意味無いかな〜?→でも 一度受けたら刺激受けて、次回に向けて勉強するかしら?→ん〜、やっぱ やらないかな???と考えがぐるぐる回ったまま このアイデアは放置中。。。

一緒に私自身も受けるとか…→その場合、何級???(笑)
という案もあったりして…。

体験談、とても参考になりました♪♪♪
ありがとう☆



Comment by ミン♪ミン @ 2009/11/11 12:17 PM
コメントありがとうございます。
漢字、1年生の80文字から2年生は一気に160文字に増え、熟語もたくさん作れるようになるから、学年相当の9級はとてもじゃないけど2人に合格させる自信ありませんでした。
ただでさえ「受検」ということにびびっていた二人なので、安全圏の10級でトライでした。
うちは、大学のキャンパス効果もあってか、子ども達の反応はよく、「来年も受けようかな」なんて言ってます。

でも漢検って微妙な存在っていうか。。。
漢検○級もってるからって特別社会的に役立つこともないし、ほんと漢字学習の予習復習、定着への利用って感じだから、受けるの迷っちゃいますよね。
そこが英検との違いかしら。
Comment by にこ→ミン♪ミンさん @ 2009/11/12 1:50 PM
コメントする









このページの先頭へ