<< 3年連続Σ(|||▽||| ) | main | ピアノ発表会 >>

インフル君の傍らで・・・

おかげさまで、にこ△離ぅ鵐侫襯┘鵐兇老擇すみました。
薬もよく効いて、翌日には熱も下がりました。
月曜、火曜とおうちでゆっくりして、今日から学校に行きました。
いつも病気の時は「ママ〜、本読んで〜」攻撃に遭うので、今回もかと思い、出席停止期間対策に、図書館でイソップ物語を2冊借りてきていたので、「読んであげる」とこちらから言ったのに「いいわ」と軽く断られました。(`ヘ´) フンダ!!!
で、何をしていたかというと、昔録画したドラエモンだのあたしんちだののビデオ三昧・・・( ̄  ̄)

退屈な母は、以前友達が貸してくれて読みかけになっていた本を読んでいました。
貸してくれたのはたしか、1年ほど前のはず・・・ハヤクヨメ!!**(/▽/)**



3冊読みましたが、その中でもこれがなかなか面白くて。

シュタイナーの人間観という副題がついているけれど、シュタイナーは、人間の性格は、怒りっぽい”胆汁質”、ほがらかな“多血質”、のんびりした”粘液質”、きまじめな”憂鬱質”という4つの気質からできていると考えていて、その4つの気質が混じり合う割合が、人によってそれぞれちがうため、一人ひとりの性格が異なっていると解いています。
読んでいると同時に、自分自身、家族、両親他、自分の周りの人の気質を考え始めていました。
気が合うとか合わないとか、同じように育てていても全く伝わり方が違うとか、それぞれ違った気質が強い両親に育てられた私と夫の違いとか、あの人はどうしていつもあんななんだろう?と理解しがたい人についてとか、、、色んな謎が解けていくようでおもしろいおもしろい。
こういうことを知って生活していると、日常生活で気分を害することは半減、子どもとぶつかることも半減しそうな気がしました。
自分自身は、どの気質が強いというよりは、まんべんなくどの気質もあるなぁと思いました。よくも悪くもバランスがとれすぎて、あまり人と深くかかわれないでいるのかもしれないと思いました。
そして、気質を考えていて、一番わからなかったのは、自分の子どもでした。
すべての子どもは”多血質”の要素があるらしいですが、それプラスどの傾向が強いかというのは、わかりにくかった。
子どものことって、わかっているようでわかっていないのか、わかろうとしていないのか。
”第4章、家庭で気質を生かすには”や、第8章の”おとなの気質がこどもに与える影響”には、自分と子供との生活の中で、いつも同じことで衝突してしまう、怒ってしまうような場合のよきヒントがあるように思います。
俗にいう”上手に育てているね”という言葉は、その子どもが立派で優秀であることではなく、子どものこと、気質をよく理解した導きがうまくできている親子関係をさすのかなと思いました。
人を教える仕事をしている人(特に導入)とその生徒にも同じことがいえるような気がします。

話がそれてしまいました・・・

この本を貸してくれた友達も、男の子二人のお母さんで、どうしても兄の方がよくわからん!との思いから買った本らしいですが、私も息子のことではよく対応に困る場面があるので、、、もう1回読もうかしら。
nico2001 * 日々の出来事あれこれ * 13:11 * comments(4) * - * - -

コメント

こんばんわ。にこ△舛磴鵝▲ぅ鵐侫襯┘鵐供⊆ってよかったですね。うちのお兄ちゃんの幼稚園も学級閉鎖です。
今のところ、私たち親子は大丈夫ですが・・・
ところで、「4つの気質と個性のしくみ」
とても興味を持ちました。
自分や子供のことを客観的に見ることって少ないから、そういう視点でみてみると普段受け入れにくい事も、妙に納得出来たりするかもしれませんね。
私も読んでみたいと思います!!
Comment by rikiraki @ 2009/01/21 8:13 PM
にこ△ん、お薬効いて軽くすんでよかったね〜。
うちの主治医もリレンザの方がいいと言っていたので、もしまた罹ってしまったらリレンザにしようと思います。

その本、なんだかとても興味を引かれたわ。
我が家は私と空豆は、怒りっぽい”胆汁質”ときまじめな”憂鬱質”が大半を占めていると思う。パパは胆汁質ほぼ90%だな〜。
家族3人とももう少し多血質と粘液質が増えて欲しいと思うけど・・・3人が3人ともそうじゃ変わりようが無いかε- ( ̄、 ̄A) フゥー
読んだら周りの人たちの気質も考えちゃうのわかる〜。にこさんの日記を読んだだけで、もう考えたわ。笑
Comment by 空豆ママ @ 2009/01/21 9:14 PM
インフルエンザ、急に流行しだしましたね。
にこツインズの学校でもインフル患者が増えてきました。
気質の本を読んでから今も、私の中で気質ブームが続いています。rikirakiさんも機会があればぜひ!
Comment by にこ→rikirakiさん @ 2009/01/22 6:38 PM
え〜〜〜?空豆パパ、胆汁質90%ですか〜?
なんだかイメージと違う〜。
この本、読み始めるまでにかなり時間かかってしまったけど、(もっと堅苦しい本かと思い・・・)読んでみたらおもしろかったです。
空豆ママも機会があれば是非読んでみてください。

Comment by にこ→空豆ママさん @ 2009/01/22 6:44 PM
コメントする









このページの先頭へ