<< ルノワール展 | main | 夏休み >>

ぼくがラーメンたべてるとき



この絵本、1〜2ヵ月ほど前に図書館で借りました。
長谷川さんの絵って子どもは好きだし、私もなんとなくタイトルを見て、面白そうだなと思って。

読んでみると、意外にも奥深くてびっくりしました!
意外にも・・・なんて失礼ですが、タイトルから想像していた内容とあまりにも違ったことに驚いて。

いつかblogの記事にしようと思いながら忘れていたら、先日行った本屋さんで、今年の全国読書感想文コンクール、小学1・2年生の課題図書になっていて二度びっくりです。

おおまかな内容を、本屋さんに置いていた広告から引用します。
「おなじ地球の上でいまなにをしてますか?」この瞬間も、ぼくたちと世界はつながっているんだ・・・とじんわり伝える絵本です。


この絵本を、にこツインズに読んだ時の話。

最初は、「ぼくがラーメンたべてるとき」からはじまり、やんわり進んでいくのですが、あるページで突然、なにもない殺風景なところに子どもが倒れているページが出てきます。
子どもには、衝撃的だったようで、それまでほのぼの〜〜と聞いていたのが突然身を乗り出して「戦争や!」って言ったんです。

そのページは、戦争している国もあるよっていうことを表現しているのか、もしくは、飢えや貧困、災害を表しているのかはわからないけれど、、。
小学1年生の子どもにも、なんとなく、世界のどこかには平和でないところもあるんだといううっすらとした認識が頭の片隅にあるのかなって思いました。

そのこと自体のの重大さやむずかしいことはわからなくても、こういう意識をもつということが大切だと思います。

小学1年生にもちゃんと伝わってますから・・・
絵本ってすごいですね。

          **********************

「平和」とかって話が出たので・・・
以前、絵本仲間と「戦争」や「平和」というテーマで絵本を紹介しあった時に、いろいろ教えてもらいましたので、紹介しておきます。

  
nico2001 * 絵本・本 * 14:04 * comments(4) * - * - -

コメント

私も1〜2ヶ月ほど前、この本を読みました。
うちの子の学級文庫で入荷したてのものを順番に持ち帰って親が読み聞かせることになっていたのです。
課題図書のシール、貼られてました。

大人の私でも改めて考えさせられました。
表紙を見たときは、それほど重たい内容だとは知らずに読んでたのですが、
平和ボケしてるんだな、とつくづく・・・

しゅんにも、何か感じてもらえたかな?と思っています。
Comment by ねこ @ 2008/07/02 3:32 PM
おひさしぶりです。
この絵本は私も読んだよ。
ほんと奥が深いなーと思った。
でもちゃんと伝わることは伝わってるんだね、子どもに。
身を乗り出して「戦争や!」って言った姿が目に浮かぶ^^

わからなくてもいいから。
何か感じてほしいと思う。

こういう絵本を読むと子どもから質問攻めにあうので(汗)
今世界で起こってること。
私もしっかり知っておかないと!と改めて思うのでした。



Comment by たかちゃん @ 2008/07/02 11:35 PM
ねこさん親子も読まれたのですね〜、この絵本。
最初からおも〜い感じじゃなく、こんな風に世界のつながりを表現できるなんて、作者の力量を感じますね。
しゅんくんも、きっと何か心の片隅に残っているはず!だと思いますよ。
Comment by にこ→ねこさん @ 2008/07/03 9:39 PM
お久しぶりです〜。
コメントありがとう。
・・・と同時に今もblogを目にしてくれてるんだぁ〜と驚き&照れくさい気持ちです☆

たかちゃんも読んだんだね〜・・・ってか、たかちゃんには外せないジャンルだよね!
その節はいろんな話聞かせてもらって、いい絵本を紹介してもらってありがとう。
今、バスラを借りていて、毎晩「アリアさん、読んでー」攻撃です。
また何かおすすめあれば教えてください。
Comment by にこ→たかちゃん @ 2008/07/03 9:44 PM
コメントする









このページの先頭へ