<< やっと夏休み気分 | main | どこから? >>

ダブル思春期

中学生になり、一気に自立への道を加速した息子は、自然な形で自分から親離れをしようとしていて、もう、私達にはわからない、知らない部分も多くなり、都合のいい時、用のある時だけ頼ってくるという感じ。
親に対しての心無い言動やそっけない態度にがっかりすることもあるけど、きっと彼はそんなこともわかっていて、でも、何か煩わしさからそんな風にしかできないのだろうなーと思えるようになった。
幼き頃の写真を見ると、丸顔で、「ママ、ママ」と後追いしていた姿が思い出されるけど、今はもう面影もなく、そんな息子に会えることはもうないんやな〜と思うと、本当に近くで子育て出来る期間は短いなと思う。

息子のタイムラインでこんなの発見!

20150908










好きな場所、『リビング』て・・・。

これまでの子育て、一応、間違ってなかったんかなと、ちょっと思えました^^





20150908












夏休みが終わり、小学校時代のママ友が、いちじくタルトを持っておしゃべりに来てくれました。(フィルム外して写真撮ればよかった・・・)
お互い、迷い迷える思春期子育て真っ最中なので、話尽きずでした。

今、我が家で最もややこしくて慎重に扱わなければならないのは、これまで全く手のかからなかった娘、にこ,任后
まともに付き合ってると、その半端ないネガティブ感に、私までしんどくなってきます。
そんな娘のことも色々相談がてら話している中で、すごく大きなことに気づくことが出来、ちょっと気持ちが軽くなりました。
よくよく考えてみると、それは、毎日一緒に過ごしている主人からも小学生の頃からたまに忠告を受けていたことで、案外気がついていなかったのは私だけなのかも。
まだまだ波もあると思いますが、にこ,寮長を見守っていきたいと思います。
しかし、女の子ってめんどくさー。

nico2001 * 双子・双子育児 * 11:30 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ