<< コンサート | main | 眠(´д`) >>

病院月間

 時期が前後しますが、7月のことです。

3ヶ月ごとの採血と、半年ごとのCTで術後フォローしている主人が、7月は、一年ぶりの大腸内視鏡検査でした。
ポリープができやすい体質(家系)なので、今回はどうなんやろ?と思いつつ、検査を受けました。
結果、5〜6ミリのポリープを1個切除。
おそらく、ほぼ良性だろうから、また、10日後くらいに電話で結果をお問い合わせ〜ってことだったのですが、なんと、そんな小さなものが実はガン化していたそうな。
ええーーーーー。
でも、表面だけの早期ガンなので、切除したことで治療済になるそうです。
もう、怖いわ〜。
術後、抗がん剤もしてるのに、そんなのなんであんのやろ?って思いましたが・・・。
主人の父も兄も大腸ガンを経験しているので、ほんま、そういう家系なのでしょう。
定期的なチェックが必要ですね。
あー ドキドキ。

そして、にこ,猟蟯外来もありました。
1年ぶりの肺のCT。
これで、進行がみられなければ、あわてて精密検査をする必要もなくなるとの話でした。
で、結果、大丈夫でした。
運動など、出来ないこともありますが、気をつけながら経過をみていくというスタイルでよくなりました。
私はほっと一安心ですが、当の本人は、したいことが思うようにできないことには変わりないので、うかない表情です。
時には、”生まれ変わりたい”なんて言うこともあるので、なかなか辛いです。
白血病治療の影響でこんなことになって、でもあの時命を落としていても、自分は小さいから悲しみも苦しみもわからなかった・・・でも、ママは悲しむしなぁ・・・とか、なんとも切なく重い発言が出ることも。
nico2001 * 病気関係 * 22:35 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ