<< 入試の記録◆  | main | 卒業遠足 >>

入試の記録

 もう一ヶ月前のことなのですねぇ。

一ヶ月前の今頃は、一日目の試験を終え、ちょっとほっこりしている頃でしょうか。

にこ,蓮⇒眛にはもう結果が出たので、結局出願していた併願校は受験せず、あっという間に終わってしまったんです。 『2年間の努力が4時間で終わってもた〜』と言ってましたが、本番ってそんなもんですよね。 発表会でも、スポーツの試合でも、その一瞬のために、何日も何年も努力を重ねるわけですからね。
色々な学校を見学に行きましたが、通える範囲では、第一志望校の学校しか行きたくない!と言っていたにこ,世辰燭里如結果が出て本当に安心しました。

にこ△蓮■横影まですべての結果はわからないので、第一志望校の前期後期、併願校、と3日間受け続けたのですが、双子の片方が結果出ている中、モチベーションを保ち続けるのは大変だったと思います。 それは私達もです。緊張感って、そう何日も持ち続けられるものではないですしねぇ・・・。 にこ△蓮△匹舛蕕粒惺擦坊茲泙辰討發いいなと思っていたのですが、やはり本人は、第一志望への思いがあったようです。

振り返ると色々なことがありました。
細かいことは、心の中にしまっておきますが、精神的に一番しんどかったのは、6年秋です。 色んなことが噛み合わず、うまくいかず、、、。 旦那さんの、『それもこれも含めての受験。』という言葉で救われましたが。。。
そういった谷があったからか、入試前は、自分でも驚くほど、穏やかな気持ちでした。
最後まで努力を重ね続けられた子ども達に対する敬意をもって、入試当日は、清々しい気持ちで送り出すことができました。

男の子のラストスパートはすごいですね。
受験するのかどうかも決めておらず、何となく塾に行き始めたにこ△任靴燭、最後はもう、私が車で送迎出来ない日でも、バスなど、自分の足で自習室に向かい、苦手な問題を自分で洗いだし、何度も解き直したり、わからない問題は、積極的に先生やチューターの先生に質問していました。別人のように頑張っている姿に、”あぁ、この子は、本当に合格したいんだなぁ・・・”って思いました。
にこ,蓮⊇始マイペース。 成績に関しても大きな飛躍はありませんでしたが、最初から最後まで、迷うことなく、コツコツと努力していました。

にこ△、一日目の試験を終えた日、『こんないい経験をさせてくれてありがとう』って言ってくれたんです。興奮から出た、その時だけの気持ちかもしれないけど、「合格」という結果の前に、受験を通じて、また一つよき育ちをしてくれたことを嬉しく思いました(*´∇`*)

・・・・・・。

過ぎてしまえば、”終わった〜” というより、今は、ここからスタートという気持ちです。
それは、次のステージに向けてどうこう・・・というのではなく、いよいよ中学生になるので、そろそろ親も立ち位置を変えて、子どもが、自分の選んだ環境の中、自分自身で歩んでいく時期かな〜と思うからです。 
双子ゆえ、入園も、小学校入学も一緒で、クラスは違ってもいつも同じ場所にいた2人。
はじめての別々の道です。 そういった意味では、他の子ども達より経験値が低いので、スタートを心配している過保護母です
しかし、心配しても仕方ないので、見守るしかないですね。

今は、残りの小学校生活を存分に楽しんで欲しいと思います
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:40 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ