<< これをきっかけに! | main | 入試の記録 >>

入試の記録◆ 

思い出の品々です。

 20140211

















じゃ〜〜〜〜〜〜ん!!!

これ、2年間の通塾で、2人が使ったノートの山です。
一冊があっという間になくなるので、ノートのストックはかかせませんでした。

入試を終え、大量のプリント類やテストは処分しましたが、(購入金額を考えると)簡単に処分しがたいテキストと、自分達の手で使い込んできたこの思い出のノートの山は、まだ捨てられません。




20140211










え? お弁当に うどん??

うちの双子の第一志望校は、4科目受験だったので、お弁当持参でした。
お弁当なんて持って行っても、緊張であまり食べられないかも・・・ならば、おにぎりにでもしようか・・・でも冷たいおにぎりってのもなぁ・・・と色々と考えた末、伝説のうどん弁当に!

伝説?

入試も近づいたある日。 塾の自習室へと勉強に出かけた双子達が、食事時間にこのうどん弁当を開けました。すると一気に、教室が食堂の香りに!!
「どうしてココで、しないはずの匂いが??!」・・・と不思議がった塾生たちがざわめきだし、いろんな子が双子のお弁当を見にきたらしい。

保温ポットにあったかいダシを入れ、別容器には、ゆがいたうどんとネギ&かまぼこ。
食べる時に、うどんをポットに入れると、あったかくておいしいらしい。消化もいいしね☆
それに何より、試験会場を食堂の匂いに変えて、他の受験生を威嚇!!!!
いや、威嚇は出来ないか。。。




20140211










地域によっては、クラスの半分近くが受験します、とか、5〜6人は受験します、というところもあるようですが、うちの小学校では、学年に数人というところです。
しかも、ちょっとばかり一般的な小学生の生活を犠牲にしないといけないような受験向きの進学塾に通って対策をしている・・・というのは、うちの双子とあと1人、2人くらいでした。 別に悪いことをしているわけではないのに、特別なことをしているように思われるのも嫌で、親子共々こっそり、ひっそりと準備を進めてはきたけれど、子ども同士のお付き合いの中で、受験することはおのずと知れ渡っていきました。
でも、本当にありがたかったのは、双子の周りのお友達がみんないい子だったってことです。
塾のお友達の中には、高学年の微妙に不安定なお年頃ゆえ、人間関係のトラブルに巻き込まれ、学業に支障が出たり、意地悪な子にみんなの前で大声で志望校をバラされたり、何かと困っている子もいたようです。
にこ,癲■暁生になってからは、放課後も休日もほとんど友達と遊んだりできなかったのですが、みんな応援してくれて、誰も仲間外れや意地悪なんてしません。
終わった今は、2人とも、待ってくれていた友達と、毎日楽しく過ごしています。
お守りや、<合格>にちなんだ、五角のケシゴムは、お友達からいただきました。クリップ止めのサクラのメッセージカードは、にこ△涼看い寮萓犬侶廚蕕い如▲ラスメイト達が書いてくれた応援メッセージです。 試験当日もカバンに忍ばせていきました。




20140211













これは、思い出の品物ではなく、場所ですね。
我が家の氏神さんが祀られている近くの神社です。
高校や大学受験とは少し違い、中学受験では学習面でも親の関わりが多いですが、(あ、優秀な方々は、そうでもないようですが)最後の最後、親がしてやれることは、祈ることと健康管理ぐらいです。
思い立ったある日から、私は、この神社へお百度参りをしました。
そう。 100回通い、100回同じことを念じたのです。
ヒマなんじゃないですよ(笑)
私は、会社勤めをしているわけでもないので、すべてのことを自分のペースで出来るわけです。
ですが、子ども達は、しんどい時も、ちょっとサボりたい時も、小さい身体でそんな気持ちに打ち勝って頑張ってるんだと思うとね・・・ 雨の日も、風の日も、続けることで、子ども達の気持ちに近づきたかったです。
しかし、通っているとき、ママ友に目撃されたりもしたのですが、私が早歩きで歩いていると、皆、ダイエット目的だとしか思っていないという・・・(;´▽`A``




20140211










思い出の塾カバン。 
どこの塾だかわかっちゃいますね
受験会場では、全然知らない子でも、同じバッグを背負っている子を見ると、『みんな、同じテキストで勉強して、同じテスト受けて、同じように頑張ってきたんやなぁ〜。みんなで合格しよな〜☆』 と、同志の気持ちになりましたよ。
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:10 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ