<< 最近のことあれこれ | main | 日記。 >>

5年生終わり。

 先週末で、小学5年生が終わりました。

通知票の裏をみて、にこ△皆勤賞だったってことを、あらためて知りました(*^^*)
そういえば、最近は、2人とも熱も出ないし、気管支系も随分強くなりました。
まずは、心身共、健康に学校に通えるということが、当たり前のようで嬉しいですね。

娘は、クラスで誕生日が一番早いってことが始まりで、一年間ずーっと、クラスメイト(男女共)から、”先輩”って呼ばれていました。
背も高いし、キャラ的にも同級生の中では冷静で落ち着いているので、いつしか男子達は、娘に敬語で話すようになったり、ドッジボールで誰かが娘に当てようもんなら、「何、先輩に当ててんねん!」とか、ちょっと転んでも、「先輩、大丈夫ですか?!!」と、何かと特別扱いを受けていたらしい。
でも、いつしかそれが、”いつもちゃんとしていないといけない自分、何でもきちんと出来て当たり前な自分でいないといけない”・・・ってな歪んだ思い込みをうみ・・・ダメな自分、出来ない自分をさらけだせなくなっちゃったりもしていたようでした。 
でも、(娘が言うところの)イケテナイ男子や、女子ばかりの中では、自分らしくふるまったりもできるそうだから、結局のところ、娘の自意識が過剰だってのと、お年頃だってのもあると思うんですが

息子 にこ△蓮大きく飛躍した一年でした。
彼の成長の中において、親以外に尊敬出来て、信頼できる第三者の存在というのがとても大きな鍵を握っている・・・と常々感じているのですが、今年担任してくれた先生っていうのが、正に、にこ△砲箸辰董△修Δいβ減澆凌佑任靴拭
クラスで最後に文集を作ってきたのですが、みんなから書いてもらう一言のコーナーに、「やさしい」「おもしろい」「かわいい」は、わりとある中で、「頼れる」「信頼できる」と複数書いてもらっていたのは、息子だけでした。 ちょっと自慢です

下級生も増え、委員会活動などを通じても、すっかり高学年の自覚が芽生え、自分たちに年下の兄弟はいませんが、地域の中では、いいお兄さんお姉さんとなりつつあります。

もうすぐ最終学年。
どんな新学期を迎え、どんな一年を送るのでしょうか。
今年は、いろんな意味で大変な一年となりそうですが・・・
私はストレス太りしないよう、気をつけないと〜〜☆彡 でもすでに、ヤバイっ

子ども達は、春休み、連日午後1時〜7時まで塾の講習受けてます。
何回も繰り返しやってるとこだから、そろそろ身についてくれることを祈ってます
母も協力は惜しまないよ〜・・・と言いながら、親がしてやれることなんて限られている。 手を出し過ぎもよくないし、結局は見守ることしかできないね。
あぁ・・・ これもストレス。 ×2です。
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:48 * comments(2) * - * - -

コメント

皆勤賞良かったですね♪
やっぱり元気でいてくれるのはうれしいですね。
歪んだ思い込み…空豆もそういうところがあります。いつもちゃんとしてないといけないって。
でもにこちゃんはちゃんと自分らしくできる場所もあるんですね。空豆にもいつかできるといいな。
にこくんにはいい出会いがあって良かったですね♪
へたすると親よりも長い時間一緒にいる先生とそういう関係が築けたのは、ほんと羨ましい。
今年度空豆はクラス替えなので、先生や友達とそういう関係が築けたらいいな。
Comment by 空豆ママ @ 2013/04/04 6:47 PM
お互い、健康な一年でよかったですよね☆

本当に、学校で過ごす時間は長いですから、子ども達に与える影響も大きいです。いい影響も悪い影響も、すべては学びなのかもしれませんが、何があっても頼れる心のよりどころがあるのとないのとでは大きな違いがあるように思いました。 空豆ちゃんの学校は、毎年クラス替えじゃないんだ。いい先生やクラスメイトに恵まれるといいですね。
Comment by にこ→空豆ママさん @ 2013/04/05 12:54 AM
コメントする









このページの先頭へ