<< サイズアップ | main | お久しぶりです >>

読み聞かせにて。

子ども達も随分自分で本を読めるようなり、”読み聞かせ”をしたのは本当に久しぶりのことでした。
まだまだいろんな事や時間を共有している私達親子ですが、一冊の本を一緒に囲むというのが急に懐かしくなりまして。



ある日、↑↑ より、「金のつののトナカイ」というお話を読みました。
おじいさんが、どろで大きな人形を作って、それが突然動きだし、悪いことをしていく・・・というお話。
昔のように、目をくるくるさせてわくわく聞いてるな〜と思っていたところで娘!!!

「おっさんが変な人形作るからやろ!余計なもん作ってからに!!」

・・・と、バッサリ!!!

娘は成長??していました。(すれてきたともいう)

さみしー。

でも、まだまだ読んでもらうのも嬉しい二人。
なかなかそんな時間もとれなくなった今日この頃ですが、またたまにね!
子ども達からの辛口コメント&突っ込みが成長の証?( ▽|||)
いえ、読んでもらうのを嫌がるようになったらもっと成長を実感するのでしょうね。

ちなみにこの本には楽しいお話がいっぱいです。
一つ一つが短いので、うちの子でも十分読めます。
息子は「バナナの皮」というお話が大好きで、何度読まされたことか。。。
そんなに好きなら自分で読みなさい!と思うけれど、聞いている方が楽しめることもあるのでしょうね。

nico2001 * 絵本・本 * 11:32 * comments(2) * - * - -

コメント

思わず吹き出しちゃいました!!
娘さんのつっこみサイコーー(笑)
うちもそうです!成長と共に・・・現実味を帯びて来るというか、小生意気になってきて。
でも、それも成長の証だと思うようにしています(笑)

読み聞かせ全然してないなぁ
Comment by ayako @ 2011/03/02 9:32 AM
コメントありがとうございます。

成長の証ですよね〜。

ちょっとさみしい気もしますが、自分達もそうやって大人になってきたのでしょうねぇ。
Comment by にこ→ayakoさん @ 2011/03/07 1:09 PM
コメントする









このページの先頭へ