ダブル思春期

中学生になり、一気に自立への道を加速した息子は、自然な形で自分から親離れをしようとしていて、もう、私達にはわからない、知らない部分も多くなり、都合のいい時、用のある時だけ頼ってくるという感じ。
親に対しての心無い言動やそっけない態度にがっかりすることもあるけど、きっと彼はそんなこともわかっていて、でも、何か煩わしさからそんな風にしかできないのだろうなーと思えるようになった。
幼き頃の写真を見ると、丸顔で、「ママ、ママ」と後追いしていた姿が思い出されるけど、今はもう面影もなく、そんな息子に会えることはもうないんやな〜と思うと、本当に近くで子育て出来る期間は短いなと思う。

息子のタイムラインでこんなの発見!

20150908










好きな場所、『リビング』て・・・。

これまでの子育て、一応、間違ってなかったんかなと、ちょっと思えました^^





20150908












夏休みが終わり、小学校時代のママ友が、いちじくタルトを持っておしゃべりに来てくれました。(フィルム外して写真撮ればよかった・・・)
お互い、迷い迷える思春期子育て真っ最中なので、話尽きずでした。

今、我が家で最もややこしくて慎重に扱わなければならないのは、これまで全く手のかからなかった娘、にこ,任后
まともに付き合ってると、その半端ないネガティブ感に、私までしんどくなってきます。
そんな娘のことも色々相談がてら話している中で、すごく大きなことに気づくことが出来、ちょっと気持ちが軽くなりました。
よくよく考えてみると、それは、毎日一緒に過ごしている主人からも小学生の頃からたまに忠告を受けていたことで、案外気がついていなかったのは私だけなのかも。
まだまだ波もあると思いますが、にこ,寮長を見守っていきたいと思います。
しかし、女の子ってめんどくさー。

nico2001 * 双子・双子育児 * 11:30 * comments(0) * - * - -

14歳

 少し前になりますが、双子たち、お誕生日を迎え、14歳になりました!


9歳誕生日











無邪気で可愛かったこの頃からは随分大きくなってしまい・・・・


20150508




















”はぁ? 写真? 
 お前の写真撮影会が一番うっとうしいねん!
 撮るんやったら、はよ撮れや!”

 と思春期息子に悪態をつかれ・・・

さみしく揺れるロウソクを前に、一人ノリノリでハッピーバースデーを歌うイタイおかん・・・(笑)

娘は家族に対しては全くスレてないので、「ママ、誕生日にはケーキ焼いてな〜。」と、リクエストがあったので焼いてみたのだが、5年間、一度も復習されなかったスポンジケーキは、味も形も微妙な仕上がりとなりました。

チーン。

さぁ、次の5年後はどんな2人に成長しているでしょう?
反抗期も落ち着き、親思いの素敵な青年になっていることを期待します!!!
nico2001 * 双子・双子育児 * 16:38 * comments(4) * - * - -

ツインズ 中2に 〜にこ∧圈

にこ◆

にこ,箸呂Δ辰討わって、こちらは「この学校に通わせてもらえてほんま良かったわ〜」 「毎日、学校楽しいわ〜」

・・・という具合なので、特に学校生活に心配はないです。
友人、先輩にも恵まれ、ヤンキーなどのいない環境でのびのびやってます(←ある意味、世間ずれ)


思春期&反抗期ゆえ、何かと腹の立つこと、ハラハラすることありますが、むしろこれは正常に成長している証ととらえています。

とにかく部活動(陸上)が毎日楽しくて生き甲斐で、部活をしに学校に行っている!と言っても過言ではありません。
部活のためなら苦手な早起きも、休日なしも、何の文句もありません。
むしろ、こちらが迷惑しているくらいです。
休日は、ゆっくり寝る日・・・として生きてきたわたくしにとって、目覚まし時計なしで寝れる休日は一体いつ来るのか??という感じです。
大会のある日など、6時過ぎに駅に送ろうとすると、河原ではもう、少年野球のちびっ子たちが集まってるんですね。 驚きでした。
この子たち、こんな朝早くから活動していたの???・・・と。
その子たちに朝ごはんを食べさせ、送り出す親御さんに尊敬の念をもたずにはいられません。私は帰って二度寝です。
とにかく、勉強には口を挟む私ですが、スポーツのことは全くわからないので、ただ、送迎など、必要なことをしているだけです。
本人は、何かと目標など掲げて頑張っているみたいですが、私にとってそれは実現されようとされまいとどうでもいいことです。(笑)
陸上では、中長距離を走っています。
小学校の時から、長距離は得意です。
中学でも、校内のマラソン大会では学年優勝、中学全学年男子の中でも2位でした!
マラソン大会は、14キロも走るんですよ。
私にとっては14キロ歩くだけでもしんどいのに、完走するってだけでも尊敬です。

20150323

















市の私学大会でも上位に入賞しましたが、公立中を含める全市となると、まだまだみたいです。

勉強はほどよい感じです。
公立中よりは学習範囲も広く、進度も速いですが、にこ,粒惺擦離ツガツ感に比べると、ゆるやかです。「自律と自立」の精神の学校なので、課題もほとんど与えられず、自分で気づいてやりなさいという方針。 しかし、管理されないとなかなかできないお年頃な子ども達なので、それに甘んじ部活ばかりしている息子の将来は如何に・・・。
ハラハラしますが、一応、ゆったり学べる環境には導いたので、男の子だし、失敗するならしたらいい!と腹をくくっている私達夫婦です。

一年生の時の担任は、とてもきっちりしている女の先生で、子ども達には窮屈だったかもしれませんが、私は安心してお任せ出来ました。
最後の日、通知票とともにかけてくれた言葉。
(校内の冊子に、体育科の記録でいくつか1位に名前を載せてもらったので)「君は、○○中学の歴史に名前を残せてよかったね。リーダーになれる資質もあるから、来年はそういうところも頑張っていって」って・・・どこかで聞いたような言葉。
小学校5・6年の時の恩師も同じような言葉をにこ△砲け続け、勇気づけてくれていました。
その先生のおかげでにこ△量こな部分が引き出されたところも多くあるので、今、また同じような言葉をかけてくださる先生がいて、にこ△盍遒鵑任い泙靴拭
とにかく、学校に楽しく通える!ということは、本当にありがたいことです。

nico2001 * 双子・双子育児 * 03:31 * comments(0) * - * - -

ツインズ 中2に 〜にこ(圈

春休みも、部活・部活・部活・・・で終わり、、、双子たち、中学2年生になりました!
中1のふり返りを交えつつ、今現在の備忘録。

にこ 

憧れて、頑張って入学した学校に一年通いましたが、半分(いや、半分以上?)はネガティブな日々でした。
男兄弟と育ち、これまで共学の生活を楽しんでいたせいか、女子校という”女子ばかり”の空間に違和感を感じまくり、、、。かたや、双子の片割れは、共学にて恋愛あり、部活での女子からの応援あり、行事では男女で盛り上がる系あり・・・と、にこ‘瓦譴寮捗佞魏L椶法⇔沺ξ沺ξ沺ΑΑΑ
しかも、にこ,粒惺擦膨未子達は、結構マジメな子が多く、雰囲気を見ていても、これまでにこ,硫瓩瓦靴討た環境にいた子達とは外見からして違う!!!!
   「みんな、ダサイねん!!!」・・・何度聞いたでしょう・・・。
女子ばかりだと、行事も盛り上がりに欠けるというか、、、
男子って、頭がいいとか悪いとかじゃなく、本能的にバカなこと言ったりしたりするとこあるじゃないですか。小学校の時は、そういう男子が常に周りにいて、何かしらバカなこといったりしたりするのを見て楽しんでるとこあったのですが、女子はそんなことしませんから・・・・にこ,郎、ひたすらお笑い芸人をみて楽しんでいます(笑)
勉強面においても、大学附属校であるにこ△粒惺擦蓮⊃奮惺擦任△襪砲貝,粒惺擦箸亙拔のさせ方が違い、当然、にこ,粒惺擦諒が課題や宿題も多く、常に何かに追われています。
唯一、部活は友人にも恵まれ、楽しいことの部類に入るようですが・・・
一年目はとにかく、半分以上は愚痴と不満とにこ△隆超への羨望で終わりました。
一時はもう、2年生から地元公立中に転校してもいいし、共学の高校を受け直してもいいのだという選択肢も与えましたが、そういうわけでもないのだそうです。
イジメにあってるとか、勉強についていけないなど、環境が原因のことなら環境を変えてあげるのも手段だと思いますが、そうでもないですしね。

じゃ、どうして女子校である中学を選んだのか???と、聞いてみました。

パンフレットとか見てたら楽しそうやったし・・・学校見学でクラブとか見てたら楽しそうやったし・・・でも、思ってた学校とちょっと違った・・・だそうです。
ちなみににこ,粒惺擦蓮∋笋諒豺(大学)の中等部なのですが、私は中高は共学育ちなので、にこ,凌感は想像でしかわかりません。でも、学校のカラーはなんとなくわかります。
たしかにマジメでしっかりした女子が多いです。これまで、特別秀でているわけでもないのに、普通に過ごしているだけでチヤホヤされてきたにこ,砲箸辰討蓮△もしろくないでしょう。
でも今、そのことに気づける機会があってよかったと、私は思っています。

また、双子として生まれて、幼稚園入学、小学校入学と、双子じゃなければ皆、一人で不安を抱えながらくぐりぬける関門をいつも二人でくぐってきました。
ちょっと不安で、幼稚園行くの嫌だ!とかいう日も一切なく、クラスは違えど、校内(園内)にはいつもきょうだいがいるという安心感。
それが初めて双子別々の進路+小学校からの友達も誰もいない世界+初めてのバス&電車通学いうことを、にこ△呂垢鵑覆螢リアできましたが、にこ,砲箸辰討呂箸討盥發ぅ蓮璽疋襪世辰燭茲Δ任后 双子育児の盲点でした!
今、幼稚園に通い出した!!くらいの気持ちで見守らないと、娘を追い詰めてしまいそうな雰囲気でした。

また、中学入学直前には、いろいろと身体の問題点も発覚し、病院通いが始まったり、運動に制限が出たり、、、自分が心身共、心の向くままに活動できないというジレンマも、悪影響を与えたようです。


でも、そんな中、病気関係ではちょっと良い出来事が。

春休みに訪れた外来で、かねてよりすすめられては逃げていた肺の精密検査を、必要ならば前向きに考えていく意向を伝える覚悟で行ったのですが、半年間経過をみてきて、間質性肺炎がどんどん進行しているというのではないので、夏にCTを撮って、急を要さない結果であれば、今すぐ検査入院などはしなくてもよいかも・・・と言ってもらえたのです!
久しぶりに明るい気持ちで病院を後にしました。
背骨の方も、コルセットと体操を続けていて、もうまっすぐに戻ることはないでしょうけれど、これ以上進行しないよう頑張っています。

にこ,砲箸辰董∋廚つ未蠅砲いないこと満載の一年だったようですが、そんな中でも、カッコイイ先輩、素敵女子にめぐりあってもいるようです。
どんな環境にいても、自己のアイデンティティーを確立する大切な6年間ですから・・・現実から目をそらさず、自分を見つめて前を向いていってもらいたいですね!
女子ばかりという環境をいかして、恥ずかしがらずどんどんカッコ悪い自分もさらけだしていってほしいなぁ。

男子にこ△紡个靴討魯疋薀い砲覆譴討癲△砲貝,肋さい頃から病気もあったし、ずいぶん過保護であったかもしれません。
親も変わらなければならないのかもしれません。

nico2001 * 双子・双子育児 * 02:40 * comments(2) * - * - -

かわいい子には旅を

 ずーーーーっと部活だった双子にようやくまとまった休みがやってきました。

今日は双子たち、朝から2人で電車に乗って私の実家に遊びに行きました。
途中、特急に乗り換え・・・とかありますが、にこ△いたら大丈夫です。

彼は、お金と目と口さえあれば、もうどこでも行けます。
わからないことがあっても何とかする!!という力をもっています。
その力のきっかけを作ったのは、小学校の卒業遠足でした。

中学に入ってすぐの宿泊学習では、2泊分の準備を一人で淡々とこなし、放っておいても電車に乗って集合場所まで行き、カレーコンテストでは学年優勝まで勝ち取ってきました。
なのに家では、今でも、夜になると 「怖いから、2階行くのついてきて」って・・・
同一人物とは思えません!!(笑)

今日も無事、到着したようですので、2泊3日、おいしいもの食べて楽しんでこれるといいなと思います。
nico2001 * 双子・双子育児 * 14:51 * comments(2) * - * - -

卒業

4月。
新年度がスタートです。

一週間後には中学生になる双子たち。
新しい世界に不安と期待を抱きつつ、夢いっぱいで、残りの春休みを過ごすはずでしたが。。。いや、実際に夢はいっぱいで、変わらない生活を送ってはいるのですが。。。
思わぬリスクを抱えることになってしまいました。

でも、まずは、無事小学校卒業のご報告から。


3月20日。
小学校を卒業しました!

入学当初は、な〜んにもない学校・・・というか、下手したら、幼稚園以下?という教育内容&環境にがっかりしていたのですが、校長先生が代わって少しずつ学校が変わり始め、子ども達も担任や友達に恵まれ、私自身も、縁あって務めた役員等の経験を通じて学校が身近なものとなり、親子共々、楽しく充実した6年間を過ごさせていただくことができました。
本当にいろんな子、保護者、先生がいて、楽しかったですよ。

身体的には同じペースで成長してきた双子でしたが、4年生後半くらいから、にこ,諒が一歩先ゆく形で背も高く・・・。しかし、ここ最近、息子がぐんぐん大きくなってきて、娘を越してきました!今、155センチくらいです。体重は40キロなくて、とても細いですが・・・

卒業文集から。
12歳のにこ,量瓦蓮◆憤擇貘燭も)小児科医か支援学校の先生だそう。
”困り”を抱えた人のために働きたいというのが共通点としてあるようです。
にこ△蓮⊃Χ箸箸靴討量瓦呂泙世覆い韻鼻△海鵑平祐屬砲覆蠅燭い箸いμ瓦あるそうで、 将来、文集を読み返した時、”今の自分にそっくりやん”と言えるようにがんばりたいと書いてありました。

元気に6年間を過ごすことが出来、小学校卒業を機に、もう、ブログへの成長記録も卒業しようかな〜と考えていたのですが・・・もうちょっと続けます。
と言っても、更新は不定期ですm(_ _)m
nico2001 * 双子・双子育児 * 23:12 * comments(0) * - * - -

3人旅

 
 

先日の卒業遠足で、すっかり自信をつけたにこ△蓮∩畭、『次は、一人旅に出る!』と、自分なりのプランをノートにまとめていたのですが、まずは、一人旅ではなく、クラスメイト3人で小さな旅に出ることになったのだそう。

朝9時の待ち合わせから、市内の一日乗車券を買い、決めていた場所を巡り、夕方帰宅するまで、すべて子ども達だけで行ってきました! すごいなぁ〜。
お金も、私は1000円しか渡してません。あとは、自分のおこずかいから何とかしたのでしょう。

途中、「今、二条城。」とか、「今、弁当食った。」とか、いちいちメールしてくるあたり、まだ可愛いですね。

これから先、自分で車を運転したり、もっと便利な交通手段を使って色んなところを旅する機会もあるだろうけど、3人とも、(市バスと地下鉄しか使えない)一日乗車券だけを使って旅した今日のこの日のことは、きっと忘れないだろうなー。

何故か、私はお弁当係に任命されていたので、3人分作りました
20140308










楽しい一日だったようです。
nico2001 * 双子・双子育児 * 00:46 * comments(2) * - * - -

卒業遠足

一日一日、卒業の日に近づいています。

今日は、6年生の卒業遠足。
遠足といっても、バスに乗って、全員でどこかに行くのではなく、クラスの中の班ごとに分かれ、市のバスや地下鉄の一日乗車券を使って、班ごとに決めた、市内にある神社・仏閣を巡っていくというものです。 移動は子ども達だけで、先生方は、各スポットにいます。 お昼ごはんだけは、〇時〜〇時の間にココに集合し、食べるように!ということらしいです。
なかなかダイナミックな企画だなぁ〜と思うのですが、毎年なんとかなるようです。
交通の便が悪く、普段は車での移動が主な地域でもあるし、バスや電車も子どもだけで乗る機会はあまりない小学生たち、どこまでがんばれるでしょうか。
にこ△蓮◆紐擇靴澆笋韻鼻△舛腓辰班坩造笋覆◆繊匹噺世辰討泙靴拭
話を聞くのが楽しみです☆


小学校のみんなとお弁当を一緒に食べるのもこれが最後かな。
地味〜な男子弁当なので、ちょっとキラキラさせてみました。
好物の、鶏つくね弁当。
”つくね いっぱい入れて! 入らんかったらご飯の上にも乗せといて”というので、こんな感じに。 寒いので、これ+あったかいみそ汁を持って行きました。

双子なのに、お弁当が一つなのは何故?

にこ,蓮▲ぅ鵐侫襯┘鵐僑揃燭殆蹐辰討靴泙辰燭里任后
残り少ない学校生活をお休みするのはもったいないですが、仕方ないですね。

今日、ピアノお稽古に来る予定だった1年生ちゃんは、この前B型に罹ったところなのに、今度はA型に罹ったのだと連絡がありました。 かわいそうすぎます
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:50 * comments(2) * - * - -

入試の記録

 もう一ヶ月前のことなのですねぇ。

一ヶ月前の今頃は、一日目の試験を終え、ちょっとほっこりしている頃でしょうか。

にこ,蓮⇒眛にはもう結果が出たので、結局出願していた併願校は受験せず、あっという間に終わってしまったんです。 『2年間の努力が4時間で終わってもた〜』と言ってましたが、本番ってそんなもんですよね。 発表会でも、スポーツの試合でも、その一瞬のために、何日も何年も努力を重ねるわけですからね。
色々な学校を見学に行きましたが、通える範囲では、第一志望校の学校しか行きたくない!と言っていたにこ,世辰燭里如結果が出て本当に安心しました。

にこ△蓮■横影まですべての結果はわからないので、第一志望校の前期後期、併願校、と3日間受け続けたのですが、双子の片方が結果出ている中、モチベーションを保ち続けるのは大変だったと思います。 それは私達もです。緊張感って、そう何日も持ち続けられるものではないですしねぇ・・・。 にこ△蓮△匹舛蕕粒惺擦坊茲泙辰討發いいなと思っていたのですが、やはり本人は、第一志望への思いがあったようです。

振り返ると色々なことがありました。
細かいことは、心の中にしまっておきますが、精神的に一番しんどかったのは、6年秋です。 色んなことが噛み合わず、うまくいかず、、、。 旦那さんの、『それもこれも含めての受験。』という言葉で救われましたが。。。
そういった谷があったからか、入試前は、自分でも驚くほど、穏やかな気持ちでした。
最後まで努力を重ね続けられた子ども達に対する敬意をもって、入試当日は、清々しい気持ちで送り出すことができました。

男の子のラストスパートはすごいですね。
受験するのかどうかも決めておらず、何となく塾に行き始めたにこ△任靴燭、最後はもう、私が車で送迎出来ない日でも、バスなど、自分の足で自習室に向かい、苦手な問題を自分で洗いだし、何度も解き直したり、わからない問題は、積極的に先生やチューターの先生に質問していました。別人のように頑張っている姿に、”あぁ、この子は、本当に合格したいんだなぁ・・・”って思いました。
にこ,蓮⊇始マイペース。 成績に関しても大きな飛躍はありませんでしたが、最初から最後まで、迷うことなく、コツコツと努力していました。

にこ△、一日目の試験を終えた日、『こんないい経験をさせてくれてありがとう』って言ってくれたんです。興奮から出た、その時だけの気持ちかもしれないけど、「合格」という結果の前に、受験を通じて、また一つよき育ちをしてくれたことを嬉しく思いました(*´∇`*)

・・・・・・。

過ぎてしまえば、”終わった〜” というより、今は、ここからスタートという気持ちです。
それは、次のステージに向けてどうこう・・・というのではなく、いよいよ中学生になるので、そろそろ親も立ち位置を変えて、子どもが、自分の選んだ環境の中、自分自身で歩んでいく時期かな〜と思うからです。 
双子ゆえ、入園も、小学校入学も一緒で、クラスは違ってもいつも同じ場所にいた2人。
はじめての別々の道です。 そういった意味では、他の子ども達より経験値が低いので、スタートを心配している過保護母です
しかし、心配しても仕方ないので、見守るしかないですね。

今は、残りの小学校生活を存分に楽しんで欲しいと思います
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:40 * comments(0) * - * - -

入試の記録◆ 

思い出の品々です。

 20140211

















じゃ〜〜〜〜〜〜ん!!!

これ、2年間の通塾で、2人が使ったノートの山です。
一冊があっという間になくなるので、ノートのストックはかかせませんでした。

入試を終え、大量のプリント類やテストは処分しましたが、(購入金額を考えると)簡単に処分しがたいテキストと、自分達の手で使い込んできたこの思い出のノートの山は、まだ捨てられません。




20140211










え? お弁当に うどん??

うちの双子の第一志望校は、4科目受験だったので、お弁当持参でした。
お弁当なんて持って行っても、緊張であまり食べられないかも・・・ならば、おにぎりにでもしようか・・・でも冷たいおにぎりってのもなぁ・・・と色々と考えた末、伝説のうどん弁当に!

伝説?

入試も近づいたある日。 塾の自習室へと勉強に出かけた双子達が、食事時間にこのうどん弁当を開けました。すると一気に、教室が食堂の香りに!!
「どうしてココで、しないはずの匂いが??!」・・・と不思議がった塾生たちがざわめきだし、いろんな子が双子のお弁当を見にきたらしい。

保温ポットにあったかいダシを入れ、別容器には、ゆがいたうどんとネギ&かまぼこ。
食べる時に、うどんをポットに入れると、あったかくておいしいらしい。消化もいいしね☆
それに何より、試験会場を食堂の匂いに変えて、他の受験生を威嚇!!!!
いや、威嚇は出来ないか。。。




20140211










地域によっては、クラスの半分近くが受験します、とか、5〜6人は受験します、というところもあるようですが、うちの小学校では、学年に数人というところです。
しかも、ちょっとばかり一般的な小学生の生活を犠牲にしないといけないような受験向きの進学塾に通って対策をしている・・・というのは、うちの双子とあと1人、2人くらいでした。 別に悪いことをしているわけではないのに、特別なことをしているように思われるのも嫌で、親子共々こっそり、ひっそりと準備を進めてはきたけれど、子ども同士のお付き合いの中で、受験することはおのずと知れ渡っていきました。
でも、本当にありがたかったのは、双子の周りのお友達がみんないい子だったってことです。
塾のお友達の中には、高学年の微妙に不安定なお年頃ゆえ、人間関係のトラブルに巻き込まれ、学業に支障が出たり、意地悪な子にみんなの前で大声で志望校をバラされたり、何かと困っている子もいたようです。
にこ,癲■暁生になってからは、放課後も休日もほとんど友達と遊んだりできなかったのですが、みんな応援してくれて、誰も仲間外れや意地悪なんてしません。
終わった今は、2人とも、待ってくれていた友達と、毎日楽しく過ごしています。
お守りや、<合格>にちなんだ、五角のケシゴムは、お友達からいただきました。クリップ止めのサクラのメッセージカードは、にこ△涼看い寮萓犬侶廚蕕い如▲ラスメイト達が書いてくれた応援メッセージです。 試験当日もカバンに忍ばせていきました。




20140211













これは、思い出の品物ではなく、場所ですね。
我が家の氏神さんが祀られている近くの神社です。
高校や大学受験とは少し違い、中学受験では学習面でも親の関わりが多いですが、(あ、優秀な方々は、そうでもないようですが)最後の最後、親がしてやれることは、祈ることと健康管理ぐらいです。
思い立ったある日から、私は、この神社へお百度参りをしました。
そう。 100回通い、100回同じことを念じたのです。
ヒマなんじゃないですよ(笑)
私は、会社勤めをしているわけでもないので、すべてのことを自分のペースで出来るわけです。
ですが、子ども達は、しんどい時も、ちょっとサボりたい時も、小さい身体でそんな気持ちに打ち勝って頑張ってるんだと思うとね・・・ 雨の日も、風の日も、続けることで、子ども達の気持ちに近づきたかったです。
しかし、通っているとき、ママ友に目撃されたりもしたのですが、私が早歩きで歩いていると、皆、ダイエット目的だとしか思っていないという・・・(;´▽`A``




20140211










思い出の塾カバン。 
どこの塾だかわかっちゃいますね
受験会場では、全然知らない子でも、同じバッグを背負っている子を見ると、『みんな、同じテキストで勉強して、同じテスト受けて、同じように頑張ってきたんやなぁ〜。みんなで合格しよな〜☆』 と、同志の気持ちになりましたよ。
nico2001 * 双子・双子育児 * 15:10 * comments(0) * - * - -
このページの先頭へ